遊びと大人とアイデンティティー

日常の営みの中から43歳まで自由に生きてきたwさらに自由に生きて行きたいwまさに、遊びと大人とアイデェンティティー  車 バイク サーフィン ゲーム  釣り 音楽

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さして面白くないが


今回少し真面目に面白い?www


と、言うのも、田母神俊雄前航空幕僚長なる方が、日本は侵略戦争はしていない
侵略国家では無いと、論文を書かれた。

ミドリーマンが思うにそれは、正しいと思う

一言
敬礼が逆の手に書いてしまった、ゴメンナサイ

皆さん良く考えて下さい、イラクでもアフガンでも、他国この場合主にアメリカ、元々あった政党を倒し、または軍隊を倒し、軍隊を駐留させて民主主義の傀儡政府を作ったとして、その国の国民から見ればそれは、侵略ですよ。

フセイン政権の弾圧から,その国の国民を守る!!
良い事です。方法は別として。

しかし、その国の人の力ではなく軍隊を駐留させた上での選挙なんて、占拠のまちがえじゃないの?ですw

アメリカ軍兵士は、平和の、ために進んで中東に行っています。けして侵略に行ってはいません。
また、軍の幹部もそうだと思います、任務を遂行するだけです。

しかし、必ずその思いが通じているわけではないです。
2184219140_7279354bf0.jpg


日本とて同じです、明治維新から太平洋戦争当時まで、軍が他国を侵略しようと思ってません。
自国を守る、白人社会からの遅れをうめる。
西欧からのアジアの独立。
自国の権利を考えて、ある意味平和の為海外派兵した、方法が結果間違えであった訳です。

当時の世の中では、後進国に石油を掘り出し資源を採掘し会社を作り鉄道を引きその国と共に、経済を充実させ、さらにその会社や法人を守る名目で軍隊を派兵することや
満州国建国、インド独立など他国の為の派兵は当たり前であったと思われます。
中国から見れば侵略かもしれません、しかし当時の蒋介石軍からすれば、今風に言えば平和維持活動です
現在の中国が共産主義の名の下に、民主主義者を弾圧したのは、フセインと変り無いでしょう、その思想から守る平和維持軍でもあるわけです。

これは、お隣の北朝鮮、韓国の間でハッキリしています、北から見ればアメリカは侵略国家、韓国から見れば平和維持軍

現在のアメリカのスタンスで言えば、当時日本は平和維持軍です
21732020_47.jpg




もしも日本国という元気な国がなければ、今のアフリカのようにアジアは、白人国家に植民地化されていたかもしれません、アフリカでもかろうじて国と言う形でそれぞれあるのは第二次世界大戦と言う教訓の元に植民地政策をまぬがれているのかもしれません


戦争は絶対しないw
これを訴える為には、負けた国または、負けた政府にとって他国の軍隊が、派兵された時点で、理由を問わず侵略にも受け止められると言う認識を勉強すべきです

ですから当時の日本は平和維持軍または、法人保護の為
軍が、海外にいきましたが結果的に相手国からは侵略国家だと言われてます。
なんの解決にも、軍隊を使うことを辞めなければなりません。
と、するべきです。

戦争の定義や、侵略の定義を理解し勉強を皆でするべきではないでしょうか?

国連の考え方では国が戦争をしては、いけないとなっていません。言い方を変えれば国は戦争をする権利が有るのです。
しかし人類は過去の過ちから、侵略とは、する側される側に取って立場の違いで、なにが侵略かが変る事に気付いたのです。
また、非人道的行為を、否定しています。
それを、抑制するために非人道的行為にならないように、考えていかなければ成りません。
いまだにコレは試行錯誤の状態です。

小沢 代表 こんな名前の政治家が、
国家の為に職を辞して訴えた一自衛官のいさぎよさが、解かるわけも、ないのかな~
 
このことを逆手に、政府与党に任命した責任がある、などと、それこそ無責任。

断固日本国は、侵略などはしていない、平和の為に軍が有り、自分の官に忠実で潔く、辞職もやむなしとする、ある意味朴訥な軍官が素晴らしいと思う、また適任だと思う。

小沢某氏は政権を取る事のみに邁進して、政府のただ上げ足を取り、自己の責任が負えますか?
中東への自衛隊艦の給油活動を止め、国連の名の下に、自衛隊を治安維持軍として派兵すると言ってましたね、なんという無責任。

この世は、まだまだ不完全ですからナニが平和維持なのか凄く難しいです

そのなかで、今の日本国が取るべきスタンスを考えているとは思えません。

たとえ平和維持でも海外派兵はしない、せめて海上までにとどめる

自衛隊内災害救助隊新設w
災害救助隊訓練は自衛隊すべてがうける、また即時編入出来る組織作り
テロに対する認定のハッキリした定義 例えばマシンガンを持ってたらテロ、大量殺害兵器を持ってたらテロ、または、大量中毒薬物もテロ
警察力から自衛隊へ早い段階で移れる法整備
同時に自衛隊への警察力介入の法整備

自国を守る時は、自衛隊は不可欠です。
攻撃防御の為
 先守だけではなく、 
 先攻も有る
 しかし、侵略は無し。



おいらなんぞがナニを言うかと、思われるでしょうがワラって流してください

ig_hiroko_sato005.jpg

女の力が何より強い
ig_hiroko_sato001.jpg

そして、きれいさっぱり洗い流せるシャワーの様な心が
なにより尊い。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://inquisitive.blog41.fc2.com/tb.php/63-669c115e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。