遊びと大人とアイデンティティー

日常の営みの中から43歳まで自由に生きてきたwさらに自由に生きて行きたいwまさに、遊びと大人とアイデェンティティー  車 バイク サーフィン ゲーム  釣り 音楽

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人の話は良く聞かないと出世しませんよ

さてこの前の続きです
興味ない人も、話の種に読んで見てください
平和を語る上でよく耳にする事ですが、
太平洋戦争の時、日本兵は、戦争をしたくないのに戦争にかりだされ、最後に死ぬ時には、おかあさん、おとうさんと口ずさんで死んで行った、また特攻機の兵隊も最後突っ込む時に同じように叫んだなどと言います
戦争の悲劇を伝える言葉ですね
しかし、これは間違っているだろうと私は思います
兵隊は日本バンザイ或いは天皇陛下バンザイと言ったと思います
ハイここで皆さんは、また右翼的な発想だと思ってますね、そう感じる方は後の文を良く考えて呼んでください
兵隊は戦争をしたいわけではありません、之は間違っていませんね
しかし、当時のイデオロギーは、国家を守る為、アジアを守るため、白人列強国を打つべしでありました
なぜか?
カンボジアでは白人に植民地にされ地元民は女性は犯され生まれた混血児には、欧米の名前を与えキリスト経にし、それで出来の良すぎる男子は手首を切り落とすという植民地支配がなされました
インドも植民地ニューギニアもオーストラリアもフィリピンもベトナムも植民地中国の一部地域は植民地ではありませんが白人社会による治外法権、です
日本は、朝鮮を併合 台湾は植民地支配しかし、日本はその国の国民に言語を完全にうばう事をしていません、朝鮮ではハングル文字を復活させ、中国からの依存を取り除き朝鮮民族の誇りをうばう事はありませんし、教育を万民に受けさせ国民の向上をはかり国立大学などは京大の次に朝鮮、台湾それから日本の地方という具合に、日本国民よりも先に近代かをはかりました、欧米の植民地ではありえません、
朝日新聞などがキャンペーンした夷敵打つべしに国民が燃えていた、或いは踊らされていたかも知れません
話がそれました
このような中でも兵隊個人はそれでも戦争したくありません、しかし白人社会が日本の自立を阻み石油ゴム鈴鉄銅などあらゆる貿易を経済封鎖し満州鉄道を手放し台湾も手放し中国からも手を引く事を条件にされたとき、素直に聞き入れできませんし、その後、白人社会は日本国自体も植民地にしようとしたでしょう
之は、ロシアのウラジオストックがロシア語で東を攻める港と言う意味であり、旅順港、満州に、東アジアを植民地にするため出てきたロシアと戦争してかろうじて勝った日本が仲裁してくれたアメリカに殆んどその戦争の見返りである領土の割譲を認めて貰えず白人社会に有利な仲裁を、された事でも、明白です
白人社会では戦争をして領土を広げ植民地にする、奴隷を作るが当たり前な時代なんです、日本国民である以上戦争をしなければなりません。
話が少しそれましたね、
さぁこのような時でも、戦地に赴き敵に玉を打つ時、自分の為に銃はとても撃てません、国家のためと思ってしか撃てません、まして母を守るためとか兄弟を守るためとかでは実際撃てません、だってそんな非道を母がゆるしますか?兄弟が許しますか?恋人が許しますか?日本人の感性では,撃ってはいけない事なんです、母の為には人殺し出来ないんです、ならば答えは、一つ国家のため天皇陛下の為です、それならば撃てます、しかし日本バンザイ天皇バンザイと叫びながらとうさん、かあさん、兄弟、恋人、女房故郷と心で叫んでいます、しかし口には出しません、敵に玉を撃った以上ぜったいです、それが死の間際であれば尚更最後の言葉を不忠なものにできないんです
父、母が自分の為に息子が死んだとあればどんなに悲しむかと、みんな考えたと思います
ですから天皇陛下バンザイ日本バンザイです
言い換えれば、上の二言は、父母と同意語です神様と同意語です
日本の国家の{君が代}と同じなんです
注{この場合の神様と同意語については次回話します}
同意語ならみんな、とうさん、かぁさんと言って死んだと、変わらないと言う人は戦争について真剣に考えてるとは、いえません、今の左翼的な人の言う戦争反対論がいかに無責任か、わからないと言う事です、戦争は恐ろしい戦争は戦争がしたくないと思っている無責任から起こるんだと言う事を学んで無いんですよ
護国神社と向き合い正しく頭を垂れ、戦争と向き合わなければ日本人の大切な感性を理解し認めなければ戦争を回避出来ないんですよ
日本人がアジアの独立に関わった事実と不幸な犠牲を沢山出した事、政府のなにが間違いで官僚の何が間違いか、国民の自らの罪は?護国神社に眠る戦士また銃後の戦いで傷ついたり犠牲になった民間人また、護国神社には朝鮮、台湾フィリピンまた諸外国の方も眠っています、そんな事も考えなければなりません。
私の最後に兵隊さんが言った言葉がまだ間違っていると思う方は


もしくはこれ

亡くなった本人の声が聞こえている訳では有りませんが兵士が何を唱えて戦っているか聞けましたか?
「アッラーアクバル神のおぼしめしのままに」
です
おそらく亡くなった方もそんなふうに唱えています
このような動画を見る限り戦争で父母を語る事なんて無い心の中にあるのだと思います。
戦争が無くなると良いですね。
10402670_295943457234083_588040411405070776_n.jpg


10329316_293073964187699_7307220574333488526_n.jpg

10320440_295378543957241_8432870717630156120_n.jpg
今回本文が長いので適当に選んで見たよ
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://inquisitive.blog41.fc2.com/tb.php/147-0bf2c93a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。