遊びと大人とアイデンティティー

日常の営みの中から43歳まで自由に生きてきたwさらに自由に生きて行きたいwまさに、遊びと大人とアイデェンティティー  車 バイク サーフィン ゲーム  釣り 音楽

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更にサーフィン攻略

今回はサーフボードの中心についてだよ

サーフボードバランス
サーフボードの中心の図です、緑の▲の頂点は陸上で測ったときです、海の上に浮かべて測ると青△の所に少しずれます、ココがパドリングする時、おヘソを乗せる所です海の上に浮かべ陸上中心のやや後ろを両端押さえて沈めていくとサーフボードの前後が均等に沈む所です。ご自分のサーフボードでしたらシールなんかを張るといいですねw更に真直ぐ立った状態で自分のおヘソから~口までを測り其の長さ分だけ前にサーフボードに、シールや目印付けると、サーフボードの上に乗ったとき其処にキスできる位置に乗れば、おヘソが中心にきてますよパドル時喫水線
今度はボードの喫水線の事をかきます、海に浮かべたサーフボードは、水色の喫水ほぼ完全に水の上に浮かんでいますよね、パドルするためにおヘソを中心に乗ると、青い線の喫水線に成るはずです、サーフボードの先端が少し出ています、ショートボードの説明ですが、板の長さで変りますが5センチ~3センチ位です他は沈んでいる状態です、ファンボードやロングボードでは、沈みませんが、水の喫水に対して平行に沈んでいるって事です。ココから上手くパドルするとサーフボードは浮かんできて茶色の喫水線に成るわけです、上手い人のパドルを見てボードの先端が上がって見えるのはパドルが速い為で、最初から是位ボードの先端が出る位に乗ると後ろに乗りすぎです。おヘソを中心に乗るとは、胸を反り乗ったときですよ。身体を反るでは無く胸を反るです中心移動
サーフボードのサーフィン中の中心移動図です、絵が下手なんで申し訳ないw苦労して作ったので勘弁してねwの下では二つ前の絵の所に中心は有ります、がきて徐々に後ろが持ち上げられて行くに従い、もしも、その場に固定したら中心は後ろに移って行きます、3番のボードのときの押し上げが無ければ、例えば陸上で斜めにボードを持つと中心は前に行くのですがには上に持ち上げる力を持っています、のピーク付近は力持ちがボードを持ち上げようとしていると思ってください、の下側は子供が持ち上げています、そのように考えると絵に描かれた所に中心を置かなければ維持出来ない事が解かる筈です。又サーフボードが走らなければ,彼方を支えてサーフボードは浮きません、絵の中心よりほんの少し前に重心することで波の上を走る事になりますこのようにライディング中は常に中心は変化し更に彼方の行きたい方向に入力すなわち重心移動する事でサーフィン出来るんです。

スゲー難しすぎですよね、しかし人間はもっと凄いw波を経験していくとコツを覚えるんですこんな事知らなくても自然に覚えます、しかし理解して覚えると感性で覚えるとは違うと思うんです。プロは、感性豊かな又は才能が有るのかも知れませんハウツー本をみても、プロは最初の段階を良く覚えてないのかも知れません、多分初心者の知らない領域を日々探求するからだと思います。

私はテェイクオフがギリで出来るくらいのビギナーです、だからこそ初心者又はまったくサーフィン出来なかったころが解かります。皆さんも最初これ絶対無理じゃん、乗っても浮かばねー!!座ってもこける!!パドルしても進まねー!!何であの人波に乗れるの?っと思いますよね、それから思考錯誤して海を思い描く毎日が始まります、ハマレばスゲー楽しいですよね。



初心者に一番近い攻略方だよ

とにかくボードの中心を掴む事は

サーフィン界の中心を掴む事だw


皆さんのご意見批評質問コメントしてください。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:サーフィンやってみようw - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://inquisitive.blog41.fc2.com/tb.php/12-6a10190e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。