遊びと大人とアイデンティティー

日常の営みの中から43歳まで自由に生きてきたwさらに自由に生きて行きたいwまさに、遊びと大人とアイデェンティティー  車 バイク サーフィン ゲーム  釣り 音楽

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国家と平和でw

そもそも国家とは、人間が複数で協力し目標に向かう事を意味しますね
目標とは、日本では日本国憲法です
憲法に国民の尊厳が守られている事を良く耳にしますよね
人間の尊厳は守られてないんですよ、大事なのは国民の尊厳です、具体的には、犯罪者が刑務所に行きますね、其の人たちは、国民の尊厳が守られていませんよ、たとえば少年法で少年は守られ死刑になることはありません、しかしすでに、少年院に習慣中の少年が犯罪を犯すと簡単な審判によって死刑もありえます、なった人は居ないけど、また成人の場合最高刑として死刑があります、なぜでしょうか?人間の尊厳が守られているならば当然死刑はありません。
憲法で国民の尊厳を謳いながら死刑がある?
犯罪者は国民の枠からはずれているからです、少年院のナカの少年でも同じです。
と。言う事は、国家にとって大事なのは国民と呼べる人たちの事なんですよ、国家は,国家の為に憲法があるのであって、そこに住む人間のために国家があるわけでは無いんです.

だからこそ そこに住む人たちが国家の目標を考えて、憲法を考えて国民となって国家を運営しなければならないんです
国家や憲法や国民といった物が はじめから天からの授かり物のように在る訳では無いのですよ.
人間としてでは無く国民として憲法を考えなければなりません、平和な世の中を作らなければなりません.

他国からの脅威に,あおられる事が無い為にも自衛権は必要です.
自衛権には集団的も個別的もありません,
どのケースでも見方によっては個別的自衛権だし集団的自衛権だからです.

今回の閣議決定とは、公明党も納得したというだけで前と本当は変わってないんです.
なぜならもともと集団的自衛権は持っているが、海外派兵は平和憲法があるので自衛隊を派兵する事はしません。
このスタンスは前と変わらないかです.
只 海外派兵ってどんな場合と言うのを,ある程度線引きしたに過ぎないからです、これで堂々と自衛隊に海外で戦闘行動をする目的で行かせないと諸外国に言えるようになったと思います。

野党のかたがたは、反対するネタガ無いので、コトサラニ戦争できる国になったなどと言いますが、それならば今回の閣議決定は応援すべき項目で、本当は自衛隊廃止を訴えれば良いのです。
平和憲法の枠の中で自衛隊があります、憲法9条に謳う戦争の放棄ではなく、国民の安全と尊厳を守るという憲法の大原則においてです
ですから憲法9条をより解りやすく書き加えるのが本来求められる憲法改正です
野党が言われる、9条を守って自衛隊を持たないというのは憲法の大原則に反しているのです、自衛隊廃止を訴える事じたい9条を理解出来ないと言うより 憲法自体を理解出来て居ない人たちです。
しかし、今自衛隊廃止を訴えても「何を変な事言っているの?」って事ですよね野党の捻じ曲がった頭が問題をややこしくしますね。
解りやすく言うと町の交番は、悪い事をすると捕まるよ!!って言う為に本来はあるんです、
おまわりさんは悪い人を捕まえる為ではなく
本来は抑止する為に居るんです。
たとえば、悪い人が居ない国が有ったとします、其の国に国家として警察はいらないと思いますか?
国家はその責任ジョウ 警察がいるんです抑止力だからです、また、そのようなシステムがないと他の国から犯罪者が来ますし、善良な旅行者が安心して来れないし、他の国が大事な仕事を発注してもらう事が出来ませんし他の国が我国の製品を受注してくれませんので経済的にも国の治安は大切です。

軍隊も同じです、戦争をするからでは無く、先の文の警察を軍に置き換えて考えてください
今回の閣議決議は警察にたとえると、国際犯罪者を捕まえますよ、日本で悪い事をしてなくても犯人逮捕に協力しますよ、海外でも同じですよ只海外では実際の逮捕などは其の国のポリスに任せますよ、しかし調査や取調べに関して協力しますよと言っています、世界の平和が保てる事への貢献を考えますよって事です。

野党の人やメディアの人は誰かに頼まれておかしな事を言っているとしか思えません、不思議なことです。

なんてね明日はお休み 波があると良いけどなサーフィンだいぶしてないな。
スポンサーサイト
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。