遊びと大人とアイデンティティー

日常の営みの中から43歳まで自由に生きてきたwさらに自由に生きて行きたいwまさに、遊びと大人とアイデェンティティー  車 バイク サーフィン ゲーム  釣り 音楽

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年ミドリーマンだWW

こんな感じの橋が有った橋2

橋を横から見ると橋3

子供の頃は、とにかく高いとこから飛び降りたり川を飛び越えたり人より出来る奴が、ヒーローなのだ
橋5

橋には釣り針のような鉄筋が突き出ていた橋の手すりから、この鉄筋まで1メートル其処から川の真ん中の州まで2メートル州の端から道路側に飛ぶ距離1メートル30位ココを友達がいって見せた先ず鉄筋に足をかけるのが以外と難しいw
橋4

遊んでいると!!
くそばばー登場w

クソババー登場ww

あんた達遅いから帰りなさい!!
友達は帰ってしまった   ミドリーマンは帰らない大事な使命があるのだWW
シャキーン ミドリーマンww トーーーーーーゥ

この橋の手すりから一気に飛び降りるのだWWヒーローだww橋8
ギエー!!
橋7

なんと!!ミドリーマンのズボンのバンドが鉄筋に引っかかった腹を締め付けられ声もでない、自分で外そうにも足場が無い手も届かないバンドは自分の体重で緩める事が出来ない、大きな声がでない必死に叫んだ  声が小さいクソババーもこんな時来ない  チキショーババーめ 吊るされる事小一時間アタリはもう暗い其処に、お兄さんがやってきて助けてくれたww
この人がホントのヒーローじゃんww
そのおかげで、ミドリーマンは今も生きているw考えれば鉄筋がケツに刺さってたら死んでたなぁ
良い子は真似するな、そして↓
スポンサーサイト
続きを読む
みんなが、悩んで挫折するw

ここでヒントwwバレーコードは、こうやってミテ



ギターを抱えて自分視点で描いています
まず手を拝むように構えます、
ギターを縦に起こし気味に構えます
肘をギターのボディ側に寄せます
2フレットをバレーするために、そのまま人差し指側面を押し当てます
親指はギターネックの中央に当てます 肘が前に出ていってしまうかもしれません
ここまでの図です↓クリックして下さい。

こーど

この状態から手を内側にひねって行きます
人差し指を押し当てたままですよ
中指薬指小指の順に指の先端爪の先のすぐ下で
指を立てる様に押さえて行きます

ギターを弾いてみて下さい
良い音が出ましたか?
曇った音がしたら、6弦から順に引いて曇った音をさがして下さい
途中で他の指が当たっているか、押さえが利いてないかです
治したら又、引いてください
良い音でましたか?
是を繰り返して下さい、出たならまた、最初の構えからもう一度やって下さい。
繰り返すうちに、手や指の何所に注意すれば音が出るか覚えてきますよ

一日10分やって、音が出ないとしても、次の日少し楽に音が出ます
またその次の日やると、音が出てきます
次の日音は完璧にでます、次の日ギターのネックを下げても音が出ます
もう是でコード表を見ればどんなコードも引けますよ

一日少しだけギターを持って練習すれば

良いのです


では↓
続きを読む
サーフインの速度の不思議

サーフインの速度は実際と体感では大きく違うわけを考えて見ようと思います。
下の図は、を列車にたとえて考えます。
サーフィンでは無くスケボーで考えてみます。すでに列車に乗った人が、スケボーを取り出し其の上に漕がずにそのまま乗ります、本人の体感は0キロ進んでいませんしかし、この時列車の速度20キロなら速度20キロで実際は進んでます。
では列車の前から列車の前のスロープに乗ろうとします
スケボーを漕いで時速15キロから20キロ未満で行けば、列車が追いつきやがて、列車先端のスロープに乗れます
列車大波号

この時列車先端スロープに居つづけたら、速度20キロで進んでいますここが、問題ですw本人体感では0キロのはずです、スロープにとどまるのですから下に引っ張られるはずです、列車は20キロで進みつづけます。では落ちて行きながらもとどまっているわけです。
↓見えない力でバランスしています。
そのままスロープを降りたとします時速5キロから10キロです
ボトムすなわち、線路に降りた時スケボーで30キロで走っています大波号1

お判りですね、ボトムに降りた時いきなり30キロで走っている体感が有るのですボトムでターンすればスプレーが飛ぶはずですフェースでアップスンしても体感速度はさほど感じません。列車に乗っているからです。
↓ターンしてトップに戻るときスピードを殺さなければ列車の速度20キロプラス自分の速度30キロを足して50キロで進んでいるのと同じです
トップでエアをきめたり、スプレーを沢山飛ばすターンができるはずです
では、降りすぎてしまったら失速します線路の先まで行ってしまったら時速10キロ本人体感0キロこの時バンピングして板をしごく事があります。ハッキリ行ってブレーキをかけて戻るに近いのです止まってはダメです時速10キロは維持しながらもどりますwむずいはずです線路に降りすぎずにバンピング出来ればまた列車にのれますw                
大波号2


横に行くアップスンも同じです本人速度は大した事は無いですが横に行けば行くほどスピードは出ていますボトムに降り切ってターンした時に生かされます
列車の先端スロープに乗りそこから前に降りまた戻ることがサーフィンです


速度について考えるでしたw

では↓
続きを読む
サーフィン中での速度感の


不思議について更に


前回書いたようにのフェースに乗っている時は電車に乗っている時と同じで速度感はあまり無い、ボトムに降りたとき又はターンしてに向かう時
感じます


では下の図を見てください、前回の図の補足ですに乗ると見えない力でバランスしていると書いたとこです。
波のふしぎ

見えない力とは、列車の前がベルトコンベアになっているからですw
列車の前面の傾斜部分に、とどまれる訳は、落ちる力にコンベアの上げる力がバランスしてます。
ふぇーすを維持している時レールを刺すと言う表現はこの、コンベアに引っ掛けることです

不思議波

波は線路をコンベアが移動してくるようなモノです
フェースに居るだけで下に落ちる力は蓄えて有るのと同じです其処からボトムに向かう時下に行く力を更に上げてボトムに降りてターンしますから勢いの有るボトムターンが出来ます。

このことが、役に立つかは解かりませんが、理解は必要かもしれません。

では↓これもずっと考えなければならない課題です↓
続きを読む
テイスペ現象について

スペシャルフォースオンラインゲームです、一つのパソコンの中で動かすのとは違います、
例えば敵Aのパソコン上に自分が現れた時
自分のパソコンには、まだ現れていない

例えば現れた敵にアサルトライフルで初段から当てたが、判定されていない
普通アサルトから打ち込まれると自分のが跳ね上げられて照準が難しくなるはずなのに敵は平然と撃ってくる

皆が同一条件でないネットゲームではタイム差をサーバーが調整しなければならない
しかしスペシャルフォースのサーバーはアホです
其処のところが上手くできない。
ゆえに、ゲームスペックを満たしているPCでも充分に動けない
常に高スペックパソコンが有利な判定をされる

数々のメンテナンスで更に重くなっている
今ではコア2ディオ メモリー1G グラフィックGフォース8600以上 光回線 がストレス無くゲームできる最低条件で更にこの上のパソコンを使っている方も沢山いる

例えば高スペさんが後ろから撃たれてその後気づいて振り返って撃っても低スペさん相手では、勝ってしまう

ペンティアム4 メモリ1G グラフィックGフォース5600 光回線この仕様のオイラのPCは中スペからすでに、低スペと呼べる


団体戦では、いっきに何人かがブツカリ会う場面や各所でガス閃光爆弾打ち合いが一斉に起こるスペシャルフォースアホサーバーは、調整または処理出来ず高スペが多いチームが有利と成る、激しい時はサーバーが処理するのに、障害となる中スペさんから落ちていく、なぜテイスペが落ちないか、変にアホサーバーがテイスペもゲームできるプログラムが効き過ぎで最後まで動かない低スペさんが残っている
sf.jpg


通信を図解にしてみたがサーバーから来る信号もアホ情報だったりプログラムもアホなので↓

2008January23231650.jpg

2008January23231742.jpg

2008January23231708.jpg

↑三枚はスタートしてもオイラ以外は動かないの図
こんなチャットはテイスペ

↑の様なチャットが出る時点でテイスペです

テイスペについて次回も書きます
では↓
続きを読む
スペシャルフォースでの

テイスペパソコンについて

敵見方の相互通信であるため

当てた!!当てた!!当てた

当てた当てた当てた当てた当てた当てた当てた当てた当てた

の連射の早い武器が混戦の中で有利に成ります、サーバーがアホなので当てたを連続して送られると、其ればかりを受け取ります高スペチームがクラン戦で連射力の高いM4などで特攻を数人でしかけた場合手の施し様が有りません。
普通の団体戦ではUZIが良いですね、クラン戦公式ルールでは使えないですからM4です、

クラン戦が一番片寄る傾向に有ります、
理由
その1、高スペが揃ったチームが片方になる可能性が高い                    
     <一人でもテイスペが居るとテイスペチームになります>

その2、クラン戦ではクランポイントなるモノをサーバーが判定していくためアホサーバーの
     仕事が一つ増えている


 個人戦では戦闘が集中する事はなく誰もが敵で有るためアホサーバーの仕事が楽です、  団体戦では、見方撃ちを無効にしたり、しなければならず、テイスペから送られる情報が不 安定なために、高スペ有利に判定します


テイスペはどうしたら良いか

この場合のテイスペとは、あくまでもスペシャルフォース無料オンラインゲームが出来るPCです、有る程度自由に動けるパソコンです

音を頼りにすること
 角を曲がって敵が出てくるポイントでは音をたよりに敵を読み敵がまだ見えてない状態から すでに撃って行く事です 初弾を敵に当てる事が重要なゲームです

あまり混戦状況で打ち合わない 
 必ずキャンプでは有りません
 常に裏を取る行動が必要ですその為にも音は重要です また最速で走れる事 音を消せる 事 チームによる特攻でも先頭しかも初弾を当てていければ良いのです

 キャンプでも音は消して常に動いて居る事です、これは高スペには必ず彼方の姿が先に見 えるからです、サーバーとの交信の差です

 ガスや閃光は自分の為に使わないこの動作でゲームが重くなり更に自分が不利になります ガスの中や閃光が少し効いている状況で敵を撃ってもその判定はサーバーには届きません
 後方から見方支援ようのガスを投げたり閃光を投げるのはOKしかし見方の迷惑となる可能 性を良く考えて下さい

仕様武器はK2 MP5です
 練習すればG36C SIG AUGもいけますがこれ等は難しい癖の有る武器なので前者を使 い立ち回りで敵を倒す事です

 AK M4 M16 MGなどetcの威力が有るが癖の強い武器は無理です
 P90 ファマス uziなどの武器は向いてない事は有りませんが立ち回りに苦労するでしょう

スナイパーも良い選択ですが相当の修練が必要ですPSG ドラグノフです
FRF2などの撃った後の動作が有るスナイパーはテイスペには不利な要素が多いです

ナイフwwコイツは使えます。主に1.1で使う武器ですからたとえ相手が高スペでも条件が同じですしまた、ラグを最大に利用できます、自分の間合いを研究して掴むことです

高スペでもそうですが、友達をつくり色んな場所で練習すると良いです
二人で行ってお互い離れ足音を聴き合い何所に居るのか当てたり
其のステージでどんな場所が狙いやすく又撃たれにくいか研究してください。
其のステージをバックで最速で走る練習や音を消してバックする練習も良いです又二人で鬼ごっこも良いです。

では明日に向かって↓
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。